NPO法人コーラル沖縄

沖縄の世界のサンゴを守る サンゴ礁再生プロジェクト Save the Coral

HOME | コーラル沖縄 組織概要 |  基本理念・設立趣旨 | 海域選定基準 | お問合せ |
CONTENTS
地域・一般との活動
行政・企業との活動
サンゴ豆知識
サンゴの森基金
サンゴサポーター
気軽に!ミニサポーター
本格的に!フルサポーター
協力金サポーター
会員規約

沖縄リンク
メルマガ登録

 

中城湾内モニタリング 〈2008年10月30日・11月5日植付け〉

その他の写真はこちら

2008年12月15日モニタリング(1カ月目)

中城湾港内へ10月30日・11月5日に移植したサンゴの一カ月目のモニタリングに行ってきました。 今回はオニヒトデのダメージを受けている郡体が数個見つかりましたが、オニヒトデ等のサンゴ捕食動物は確認されませんでした。 現時点で移植したサンゴは安定した状態のようです。

その他の写真はこちら

2008年11月14日モニタリング(1週間目)

中城湾港内へ10月30日・11月5日に移植したサンゴの1週間目のモニタリングに行ってきました。 ほとんど初期減耗も無く安定しているようです。 10月30日に移植したサンゴへ11月5日の移植時にオニヒトデがいたので少し心配していましたが、現時点で移植に伴うストレスは最小限に抑えられているようです。




礁池内モニタリング調査結果 〈サイト1植付け〉

6月 8月 10月 2008年1月


礁池内モニタリング調査結果 〈マイクロアトール上に植付け〉

6月 8月 10月 2008年1月



12月27日モニタリング
10月18日植付け分モニタリング。
多くのサンゴ群体が岩盤からはがれ落ちていたが、しっかり自然界へ順応している群体も見られた。 本日 、モニタリングと同時に行っている植付けには岩盤への固定率が高まると思われる新しい接着剤を使用している。

[協力] 本島慶良間海域保全協会




12月12日モニタリング
10月18日植付け分モニタリング。
読谷村へ植付けた群体と同様に岩盤からはがれているものが多く、6割以上の群体が確認不可能となった。

[協力] 本島慶良間海域保全協会




10月23日モニタリング
9月27日に植付けた台座式群体の初めてのモニタリング。 接着した岩盤から多くの群体が剥がれ落ちていることを確認。

[協力] 本島慶良間海域保全協会



地域との活動企業との活動モニタリングサンゴ豆知識サンゴの森基金サンゴサポーター

HOMEコーラル沖縄 組織概要 基本理念・設立趣旨海域選定基準お問合せ

Copyright 2003-2008 NPO CoralOkinawa All rights reserved.