修学旅行でサンゴの話

2009年10月18日

修学旅行で沖縄を訪れれた群馬県立館林高校の生徒230名の皆さんに、サンゴの役割や地球温暖化の影響を受けた現状伝えるためにサンゴの話をしてきました。

この日は、マリン体験でグラスボートやシュノーケリングで沖縄の海を楽しむ前に、サンゴの勉強をしようということで、朝8時からの勉強会となりました。
朝食後に開場を暗くしてのセミナーでしたが、参加された皆さんは眠さをこらえて真剣に話を聞いていただきました。

最後に3、5サインでの記念撮影となりましたが、やはり230名での集合写真は迫力がありますね。